事業内容business

空間情報部門

3DGIS

近年、3次元の測量機器の普及により3次元のデータの作成がより身近になってきました。また、計測機器以外でも3次元CADの普及などにより、3次元のデータの取り扱いが増えています。当社でも3Dレーザースキャナ、MMS、UAV等の3次元計測機器を所有・活用し、3次元の点群や3次元のCADデータの作成を行っております。

このように3次元のデータは徐々に蓄積されつつありますが、従来の地理情報管理システムは2次元のデータを基に構築され、3次元のデータをそのまま取り扱うことはできませんでした。当社では地理情報に加えて3次元のデータを有効に活用するため、3次元の空間情報管理システムの開発を進めております。

3次元で情報を管理・表示することにより、従来の地理情報管理システムでは実現できなかった表現や解析・シミュレーションが可能となります。水道管、下水道管など地下埋設物は、2次元の地理情報管理システムで管理されていましたが、3次元化することにより埋設物間の位置関係をわかりやすく表示することが可能となります。

例えば、掘削が必要な工事において、事前に地下埋設物への影響の有無を調査するといったことが視覚的にできるようになります。また、地上の構造物や地形も3次元データとしてシステム化を行うことにより浸水のシミュレーションや建物の設計3次元モデルを取込んで事前に景観や日照のシミュレーションなどを行うことができます。

上記の例のほか、3次元化することによる表現力の向上やメリットは多岐にわたります。また、今後3次元データは急速に増えることが見込まれます。当社はそうした3次元データを最大限に生かすことのできるシステムを提供いたします。

走行計測データ3次元表示
計測走行データ+カラー点群表示
カラー点群+オルソ画像表示

文化財管理システム

長い歴史を持つ我が国においては、数多くの遺構・遺跡が存在しています。
それら遺構・遺跡に対する発掘調査も継続して行われ、歴史的・文化的価値を持つ出土品が発見されています。特に価値を認められた出土品については文化財として指定・登録が行われ管理がされていますが、多くの出土品が整理されないまま保管されているのが現状です。
また、埋蔵文化財以外にも各地域に多くの有形・無形の文化財が存在し、それらについても適切な管理・活用が求められています。無形文化財については継承者の不足などから消失してしまう恐れがあり、記録を残すことが急務となっています。

また、文化財ではありませんが震災等で被災した建物や住民の記憶を残し、情報を発信することも重要な課題となっております。震災遺産や記憶を保存し、情報として発信していくことは復興の一つのステップと考えています。
このように年々管理対象が増えており、職員の方々の負担が大きくなっています。職員の負担を減らし、文化財の効率的な管理と積極的な活用・情報発信を支援する目的で文化財管理システムを構築しました。

当社の文化財管理システムでは、各種文化財と震災遺産(震災遺構や震災の記憶、その他のランドマーク)を管理します。

上記の機能により、業務の効率化と事務職員及び専門職員の方々の負担を減らします。

管理や事務処理の機能に加えて、公開・活用のためのデータを蓄積・管理する機能も備えています。 将来的に施設での展示を行う際の説明文やWebで公開するための説明文、写真、動画、音声データなどを登録・整理することができます。動画や音声のほか、当社の保有する3DレーザースキャナやUAVにより点群データや空撮写真を取得し、システムへ登録・管理することも可能です。3DCADを用いて3Dモデルの作成も可能です。点群データや3Dモデルは将来的にWebサイトなどで閲覧が可能となるよう開発を進めております。

また、文化遺産オンラインなどと連携するため、各種情報にメタデータの付与を行うことが可能です。
メタデータを付与したデータは、文化遺産オンラインへ一括アップロードできる所定の形式でファイル出力可能です。
一括アップロードできるファイルを利用することにより、従来であれば一品ずつ登録していた情報を短時間で登録することが可能となります。

当社が提供している埋蔵文化財調査、3次元デジタルアーカイブ等の調査サービスと連携し、システム化~公開・活用に至るまで、ワンストップでサービスを提供いたします。

上・下水道管理システム

上水道、下水道は私達の生活に必要であり、年々施設が増加しています。
その為、資料、データが膨大となり、従来の紙ベースでの管理では複雑化する業務に対応するのが困難になってきています。一測設計ではGISをベースとし、水道事業、汚水処理事業に関する全ての情報を一元管理するシステムによりお客様の業務をサポート致します。

地図上に管渠、公共桝、配水管、給水管などの図形を作成し、施設情報を関連付けて管理します。施設に関する工事情報や保守点検情報、各種申請書類などの様々な情報を図形にリンクする事で、必要な情報を瞬時に確認する事ができ、効率的な窓口業務が可能になります。
また、上下流解析、断水解析、区域管理、調書作成、各種集計などの機能を提供する事で、施設管理者が使いやすいシステムをご提供致します。

弊社では自社開発をおこなっている為、お客様のご要望に合わせた機能開発・修正をおこなうことが可能です。

下水道施設管理機能
上下流解析機能